テレクラを利用して自信を持てた体験

心境の変化によってテレクラを利用してみる気になった

大学に進学するまで女性とほとんど接点のない生活を送っていました | 心境の変化によってテレクラを利用してみる気になった | 自分にとっては料金分の価値が十分にあったと確信しています

しかし、よく考えてみると何も悪いことはないように思えます。
自分のような男性にとって、いわばカウンセリングのような存在といっても過言ではありません。
医療機関でカウンセリングを受けるなら料金を支払うのは当然です。
そして、自分に必要なのは女性と話すことであり、それに関して料金を支払うことも理に適っています。
そのような心境の変化によってテレクラを利用してみる気になったのです。
とはいえ、実際に行ってみるまで非常に緊張していたことを覚えています。
場所は20分ほど電車に乗って行った先にある繁華街の片隅です。
そこにひっそりと建っているビルの一室がテレクラになっていました。
受付で申し込んで案内された部屋は3畳ほどの広さだったと思います。
椅子と電話が置かれており、近くのテーブルの上にはティッシュがありました。
しばらく待っていると電話のベルが鳴り、慌てて受話器を手に取ったことを覚えています。
電話の相手は、自分と同じくらいの年齢に聞こえる声の持ち主でした。
少しハスキーですが、女性らしい優しさが感じられる話し方が特徴です。
うまく話せずにいると、向こうがいろいろとリードしてくれて助かりました。

テレクラ / テレクラ〜の在庫検索結果/日本の古本屋